上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな日は先人たちの声に耳を傾けよう

今日は朝から
「なんて日だ!」
って感じ。

こんな日は黙って
偉大な先人たちの言葉を読んで
心を落ち着けよう。

言葉はいつも僕に
心の平静をくれる。
精神的な健康を保ってくれる。
そして、僕をまた強い人間にしてくれる。


愛の病には
愛をめぐる様々な問題で悩んでいるなら、たった一つの確実な治療法がある。
それは、自分からもっと多く、もっと広く、もっと暖かく、そしていっそう強く愛してあげることだ。
愛には愛が最もよく効くのだから。


仕返ししない
心を防御するのを忘れていたがゆえに、
耳に痛い言葉をぶつけられてうっかり傷ついてしまったとしても、
トゲのある言葉で言い返すことのないように。
自分の内面をこそ見つめる君にとって、
他人を敵対することなどまったく不必要なことなのだから。


ずっと愛せるか
行為は約束できるものだ。しかし、感覚は約束できない。
なぜなら、感覚は意思の力では動かないものだからだ。
よって、永遠に愛することは約束できないように見える。
しかし、愛は感覚だけではない。
愛の本質は、愛するという行為そのものであるからだ。


真に強い智慧ある人
恋人や友人から「頼りにならない人ね」と罵られても、
悪党から「バカヤロー」と殴られ羽交い締めにされようとも、
怒ることなく、恐れることなく、平常心を保って穏やかに対応する。
それほどまでの忍耐力のある人こそ、
強力な軍隊並みの力を持ち、智慧ある人と呼ぶにふさわしい。


より多くの愛を欲しがるうぬぼれ
男と女がどちらも、もっと愛されなくてはならないのは自分の方だと
思っていると、二人の間で滑稽な喧嘩や面倒な問題が生まれてくる。
つまり二人とも、自分の方が優れているからより多く愛される価値があるといううぬぼれにひたっているのだ。


プライドをすんなり手放す
怒りを、ポイッと捨てること。
「俺様は偉い」
「私は賞賛されるに値する」
「私のセンスは抜群だ」
「僕は大事に扱われて当然だ」
これらのプライドを君が隠し持つからこそ、そうでない現実に直面するたび、怒りが君を支配する。
これらの生意気さに気づいて、それをすんなり手放せるように。
すべての精神的しがらみを乗り越えて、心にも身体にもこだわらず、何にもしがみつくことがないのなら、もはや君は怒ることも苦しむこともなくなるだろう。

愛は喜びの橋
愛とは、自分とは異なる仕方で生き、感じている人を理解して喜ぶことだ。
自分と似た者を愛するのではなく、自分とは対立して生きている人へと喜びの橋を渡すことが愛だ。
違いがあっても否定するのではなく、その違いを愛するのだ。
自分自身の中でも同じことだ。自分の中にも絶対に交わらない対立や矛盾がある。愛はそれらに対して
反発することなく、むしろ対立や矛盾ゆえにそれを喜ぶのだ。

相手の悪(あやまち)ではなく、自分の内側を見よ
他人の「悪(あやまち)」に気づいても、君がイライラする必要はない。
他人がやらかしてしまったこと、他人がすっぽかしてしまったこと、そんなものをジロジロ見なくていい。
その代わりに視線をクルッと内側へと反転させて、じっくり見つめてみるといい。
「自分は何をやらかしてきて、何をすっぽかしてきたのかな」と。

真実の愛に満ちた行為は意識されない
誰か他人に親切にした後は、快感を味わうことができるものだ。親切な行為や善行そのものが快感であるというわけではなく、その行為のあとに自分が少しだけ聖人とか清い者とかに近づいたような気分を味わうことができるからだ。
しかし、ふだんの生活の中でわたしたちが友人や知人に親しくする場合には、それもまた善行だなどとは意識していない。まったく自然によいことをしているし、そして、その行為によって自分が清い者になったような気分を味わうことすらない。
けれども、こちらの行為の方が、親切を意識した行為よりもはるかに真実の愛と心に満ち、上位にあるものなのだ。

生意気さは苦しみを増幅させる
生意気さは、君の苦しみを、知らず知らずのうちに増幅させる。
自分の意見を押し通すことに成功してその味をしめてしまうと、君は前より一歩ほど、さらに生意気な言い方をするようになるだろう。
このように、自分の意見を押し通そうとするなら、それに失敗するとイライラするうえに、成功しても生意気な性格にかわってゆくのだから、ろくなことはない。心が濁ってゆくだけのこと。
この道理を知ったなら、むやみに意見を言い張る事から離れるように。


最大のうぬぼれ
最大のうぬぼれとは何か。
愛されたいという欲求だ。
そこには、自分は愛される価値があるのだという声高な主張がある。
そういう人は、自分を他の人々よりも高い場所にいる特別な存在だと思っている。
自分だけは特別に評価される資格があると思っている差別主義者だ。


よおしかなり心が落ち着いた。
もう通常の俺に戻ったんだぜ
こうして、また一つ成長した。

『若きウェルテルの悩み』感想

『若きウェルテルの悩み』ゲーテ作

やっと読み終わった。


この本に書いてあるのは、誰もが一度は感じことのある感情ばかり。
恋、嫉妬、幸せ、社会への不満、不幸、失恋から自殺願望まで、
人間の殆ど全ての感情が表現されており、「こんな感情ってみんな誰しも一度は感じたことがあるよね」と自然のうちに思わせる。


メッチャ簡単に内容を説明すると


ウェルテルが親友あてに手紙を何通も送る。
読者はその手紙をまさに自分に当てられた手紙のうに読むことになる。
月日が経つにつれて、ウェルテルの思いが手に取るようにわかる。
その手紙の変遷は以下

1、ウェルテルがロッテに恋をする
2、ロッテには夫が
3、ウェルテル何度もロッテを諦めようとする
4、結局諦めきれず自殺。

ウェルテルが死んだあと編者が発見した手紙、後日談などなどが語られる。



これだけの説明だとよくある、ドロドロのドラマのように思えてしまうけど、
一味そこらの物語と違うのは、主要登場人物であるウェルテル、ロッテ、ロッテの夫(アルベルト)が人間として素晴らしく、精神的に健康な人ばかりという所にある。
この3人ともが愛に溢れ、人間として尊敬すべき人として描かれている。
特にウェルテルはとても頭がよく、考えが柔軟で、精神的に自立もしており、何物にも縛られることなく自分の感情に正直に生きており、子供が大好きで、他人に対する愛を忘れない。
正に自分が目標とするような人物である。


しかし、このような素晴らしい人が自殺せざるを得ない状況に追い込まれていく。(自分で自分を追い込んでいく?の方が正しいかも)
これが見ていて、とても面白い。
ウェルテルの感情一つ一つに「これはしょーがないかー」と納得してしまう。
そして、気づいた時には、ウェルテルと自分の感情はほぼ同化していた。
ウェルテルは最初から自殺に対して肯定的だったのだが、自殺に対して否定的ではいられなくなっている自分に気づくだろう。


ゲーテ的には自殺を肯定していると思ったが、決して推奨しているわけではないと思った。最後、ウェルテルが死ぬシーンは、銃で頭を撃ちぬいて死ぬのだが、頭を撃ちぬいてから12時間くらいでやっと死ねる。そこら辺の時間経過はさらっと書いてあるけど、すごく酷く思えたから。


時系列がバラバラになっちゃったけど前半はかなり気に入った。
ゲーテ自身の体験に基づいているからか、ロッテに恋をする様子、ロッテに恋をしている時の周りの景色の煌めきようは、とてもリアルで、読んでいる自分も恋に落ちている時のように、心が踊り、外の世界が輝いて見えた。前半だけでも呼んでほしい。
前半だけ呼んで、「後は色々あってウェルテルしぬんやなw」って思ってくれてもいいと思うw


こんなに心の内面世界に焦点をあてた小説は初めてだった。
小説全然読まないけどw 
ウェルテルの心の変化と共に、季節も移り変わり、外の世界も全く違う世界に見えてくる。
ウェルテルの心を通して見る世界が本当に美しく、また、後半には本当に邪悪に見えた。
やはり人は心というレンズを通して世界を見ているんだなと思った。


めちゃめちゃ読みづらいとこもあったし、
は?お前なにいってんの?っていうのもあったし、
え?ここでそうなっちゃう?とか、
やっぱ自分には理解しづらい事も多かった。
やっぱり訳のせいもあるだろうし、17世紀?とかの文章だからある程度割り切ってさらっと読むしかなかった。

でも、この本を全部理解しようなどとは思わない。
全部理解しようとしなくてもウェルテルという青年の心の中を十分旅できた。
とても有意義な旅だった。
そして、また人生のうち何度かはこの旅にまた出かけることになると思う。


うん知ってるwwwwww


うん知ってるからwwwwww



なんだよ、こっちは文章に集中してんだよ!!!邪魔すんなよ!!!呼びかけてくんなよwwwww


ついに、直接文章上書きしてきおった!!!!wwwwwww



誰やねん!?!?!?wwwwwwwwwwwwwwwww



読みずらいわ!!!!!wwwwwww
I can do it てwwwwww
I can't read it!!!!!!!!wwwwwwwww


みなさんは、酔っ払ってるからって人の本に落書きするのはやめましょう。

チュー坊音漏れ過ぎwwwwwww

チュー坊音漏れ過ぎwwwww
ってことが電車内であった。50デシベルは出てた。
そして、聞こえてくる音楽が物凄くダサかった。いや、ださそうであった。

こんな音楽がチュー坊の耳から漏れてたらおじさん見直しちゃうなランキング

第③位 80年代洋楽

第②位 JAZZ




第①位インドっぽい音楽


インドっぽい音楽音漏れしてたら、もう絶対に笑うよねwwwww
で、その子の生い立ちを考える。





何か悩み事があって、

インドに旅立ち、

そこで聞いたインド音楽によって心が救われる。


日本に帰ってきてからは、

この窮屈で生きずらすぎるTokyoで、

インド音楽を聞くことによって、

なんとか心の平穏を保っている。


大が終わったあとには、

ちゃんと紙で拭くようになり、

Tokyoでの生活も慣れてきた頃、

周りの中学生にインド音楽の布教活動を始める。

まだインド音楽を聞いてくれる友人は一人だけだ。

同級生で隣の席のムンバイだけが、インド音楽を聞いてくれる。

しかし、

いわゆる日本人は、

インド音楽を聞くことは

嘲笑されるばかりだ。

AKB、EXILEの牙城は全く崩すことができない。

あのマハラジャ•ムンバイの音楽にでさえも、殆ど興味を示してくれない。

こんなにも中毒性があり、日本の音楽にはないような、

聞いただけで、心も体も踊り出すような、

こんなに素晴らしい音楽を何故みながみな受け入れてくれないのだろうか?

僕は今ある種の提言をする。

日本人はある種の病にかかっている!

新しいものを、なかなか受け入れることができない。

それがいくら素晴らしいものでも。

いや、日本人だけではないかもしれない。

誰しもが始めは、自分の慣れ親しんでないものには、

難色を示す。

しかし、日本人は異常であると思う。


インド音楽布教活動の一貫として、

なんとか放送委員会にありつき、

給食時にインド音楽を流したり、

卒業式の退場の音楽にインド音楽を流したりした。

中学生はまだ未熟だからと思っていたが、

生徒だけではなく、先生、保護者まで私を避難した。

1人ぐらい、好きになってくれる者がいてもいい筈なのに…

この日本人の集団性はもはや異常だという他ない。

そして、私にはあだ名がついた。

『インドからやってきたテロリスト』

である。

私の学校では、インド音楽を流すことは禁止になってしまった。

インド音楽不況活動はもはやこの学校ではすることができない。

私のことはいい。給食時の私が流すインドヒットチャートTOP10だけが唯一の楽しみであった

隣の席のムンバイだけが気の毒でならない。

本当に申し訳ないと思っている。

しかし、待っていてくれムンバイ。

いつか、この日本にK-POPならぬ

『印-POP』が来る日も来よう!!

日夜こうして、通学時間を利用して、

インド音楽を音漏れさせ、

布教活動を続けているのだから!!

私は諦めない!!

絶対に!!!!!!




なるほど、インド音楽を音漏れさせている背景には、いやはやこんな深い物語があったのですな。

私はこの中学生に敬意を評する。

チュー坊という言葉はもはや

彼を表現しえない。

私は彼にこんな言葉を与えよう。








『迷惑だからやめてくださいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』





終わり

EURO2012

EURO2012終わりましたな。
スペイン強すぎた。
何故スペインはこんなにも強いのか?
ユーロ2008→ワールドカップ→ユーロ2012と2年おきに3連覇したことは未だかつてない偉業だそう。
それに関しておもしろい記事があったので紹介したい。

スペイン、ついに「無敵艦隊」となる!:「戦術的ピリオダイゼーション理論」の勝利!

戦術的ピリオダイゼーション理論

サッカーはカオスであり、フラクタルであるか。
スポーツもここまで来ると学問なんだな。
おもしれーwww

(カオス=何が起こるかわからない
フラクタル=フィールドに三角形の中に三角形が様々できること?だと思う。)

Microsoftの新製品『surface』がクル━━(゚∀゚)━━━!!!

先日マイクロソフトの新製品が発表されました!!
名前は
Surface』(サーフェィス)



Windows8のメトロデザインも使ってみたいな~!!って思ってたけど、
こんなすごい新製品が発表されるとは!?!?めちゃくちゃ触ってみたい。


もしビデオのように実用的なら、iPadの時代は終わるかもしれないよ!
日本でも流行るだろうと思う。
iPadと違ってビジネスマンも使えるから。
デザインもクールだよね!

以下Keynote


正に、コロンブスの卵。

さぁどうなるんでしょうか・・・

終わり。
最近忙しいヤバイ
NEXT>>
プロフィール

ゆうひ

Author:ゆうひ
です。
好きな食べ物:マッシュポテト、お吸い物、餃子、豚汁
嫌いな食べ物:貝類、エスカルゴ。←これ貝類じゃないよね?
趣味:音楽、映画、ゲーム(FPSのみ)、読書というのは嘘
最近ハマっていること:なんだろう
最近好きな言葉:おれは・・・生まれてきてもよかったのかな・・
そりゃおめエ・・・いきてみりゃわかる・・・(ワンピより)「考えてもしょうがないんだよね哲学って」と思い知らされた。
犬を飼っている。通称『犬界の救世主ネオ』

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。