上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『若きウェルテルの悩み』感想

『若きウェルテルの悩み』ゲーテ作

やっと読み終わった。


この本に書いてあるのは、誰もが一度は感じことのある感情ばかり。
恋、嫉妬、幸せ、社会への不満、不幸、失恋から自殺願望まで、
人間の殆ど全ての感情が表現されており、「こんな感情ってみんな誰しも一度は感じたことがあるよね」と自然のうちに思わせる。


メッチャ簡単に内容を説明すると


ウェルテルが親友あてに手紙を何通も送る。
読者はその手紙をまさに自分に当てられた手紙のうに読むことになる。
月日が経つにつれて、ウェルテルの思いが手に取るようにわかる。
その手紙の変遷は以下

1、ウェルテルがロッテに恋をする
2、ロッテには夫が
3、ウェルテル何度もロッテを諦めようとする
4、結局諦めきれず自殺。

ウェルテルが死んだあと編者が発見した手紙、後日談などなどが語られる。



これだけの説明だとよくある、ドロドロのドラマのように思えてしまうけど、
一味そこらの物語と違うのは、主要登場人物であるウェルテル、ロッテ、ロッテの夫(アルベルト)が人間として素晴らしく、精神的に健康な人ばかりという所にある。
この3人ともが愛に溢れ、人間として尊敬すべき人として描かれている。
特にウェルテルはとても頭がよく、考えが柔軟で、精神的に自立もしており、何物にも縛られることなく自分の感情に正直に生きており、子供が大好きで、他人に対する愛を忘れない。
正に自分が目標とするような人物である。


しかし、このような素晴らしい人が自殺せざるを得ない状況に追い込まれていく。(自分で自分を追い込んでいく?の方が正しいかも)
これが見ていて、とても面白い。
ウェルテルの感情一つ一つに「これはしょーがないかー」と納得してしまう。
そして、気づいた時には、ウェルテルと自分の感情はほぼ同化していた。
ウェルテルは最初から自殺に対して肯定的だったのだが、自殺に対して否定的ではいられなくなっている自分に気づくだろう。


ゲーテ的には自殺を肯定していると思ったが、決して推奨しているわけではないと思った。最後、ウェルテルが死ぬシーンは、銃で頭を撃ちぬいて死ぬのだが、頭を撃ちぬいてから12時間くらいでやっと死ねる。そこら辺の時間経過はさらっと書いてあるけど、すごく酷く思えたから。


時系列がバラバラになっちゃったけど前半はかなり気に入った。
ゲーテ自身の体験に基づいているからか、ロッテに恋をする様子、ロッテに恋をしている時の周りの景色の煌めきようは、とてもリアルで、読んでいる自分も恋に落ちている時のように、心が踊り、外の世界が輝いて見えた。前半だけでも呼んでほしい。
前半だけ呼んで、「後は色々あってウェルテルしぬんやなw」って思ってくれてもいいと思うw


こんなに心の内面世界に焦点をあてた小説は初めてだった。
小説全然読まないけどw 
ウェルテルの心の変化と共に、季節も移り変わり、外の世界も全く違う世界に見えてくる。
ウェルテルの心を通して見る世界が本当に美しく、また、後半には本当に邪悪に見えた。
やはり人は心というレンズを通して世界を見ているんだなと思った。


めちゃめちゃ読みづらいとこもあったし、
は?お前なにいってんの?っていうのもあったし、
え?ここでそうなっちゃう?とか、
やっぱ自分には理解しづらい事も多かった。
やっぱり訳のせいもあるだろうし、17世紀?とかの文章だからある程度割り切ってさらっと読むしかなかった。

でも、この本を全部理解しようなどとは思わない。
全部理解しようとしなくてもウェルテルという青年の心の中を十分旅できた。
とても有意義な旅だった。
そして、また人生のうち何度かはこの旅にまた出かけることになると思う。


うん知ってるwwwwww


うん知ってるからwwwwww



なんだよ、こっちは文章に集中してんだよ!!!邪魔すんなよ!!!呼びかけてくんなよwwwww


ついに、直接文章上書きしてきおった!!!!wwwwwww



誰やねん!?!?!?wwwwwwwwwwwwwwwww



読みずらいわ!!!!!wwwwwww
I can do it てwwwwww
I can't read it!!!!!!!!wwwwwwwww


みなさんは、酔っ払ってるからって人の本に落書きするのはやめましょう。

この記事へのコメント:

トラックバック:

URL :

プロフィール

ゆうひ

Author:ゆうひ
です。
好きな食べ物:マッシュポテト、お吸い物、餃子、豚汁
嫌いな食べ物:貝類、エスカルゴ。←これ貝類じゃないよね?
趣味:音楽、映画、ゲーム(FPSのみ)、読書というのは嘘
最近ハマっていること:なんだろう
最近好きな言葉:おれは・・・生まれてきてもよかったのかな・・
そりゃおめエ・・・いきてみりゃわかる・・・(ワンピより)「考えてもしょうがないんだよね哲学って」と思い知らされた。
犬を飼っている。通称『犬界の救世主ネオ』

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。